DxR Clinician(臨床推論能力教育システム)

指導者による管理

管理メニュー画面
症例のインストール・管理

ディレクトリの作成、症例のインストールを行います。1ディレクトリには12症例までインストールできます。

学習者のID/パスワード設定

ディレクトリごと、症例ごとにID/ パスワードを設定します。

学習者のデータ管理

学習者の学習記録の閲覧、解析ソフト及びデータファイルのダウンロードを行います。

症例の編集

症例データの編集、評価項目の設定を行います。

1. 学習者のデータ管理

学習記録データ管理画面
症例の選択

学習記録を閲覧したいディレクトリ/症例を選択します。

データのダウンロード

学習記録の解析ソフト(Record Utility)のダウンロードはこちらから行います。

学習者の選択

学習者を選択し、学習記録を閲覧または削除することができます。

2. 症例の編集

症例の編集

症例データの編集、評価項目の設定を行います。

症例編集画面

ディレクトリの症例ごとに患者の容姿、面接内容、診察結果、検査結果、治療計画、プロパティやウェブリンクなどを編集できます。

(例)血液検査のアルブミンの結果を編集するのなら、「検査」を選択します。

検査カテゴリー

(例)血液検査の血漿蛋白を選択します。

編集ページ

結果、コスト、評価項目としての選択、ウェブリンク、動画や音声ファイルの追加などが編集できます。

症例編集画面

その他、項目ごとに指導者からの質問を追加したり、評価基準を設定したりすることができます(評価基準については解析ソフトを使用する段階でも編集可能です)。

閉じる

English

メニューを閉じる